文学エッセイ、文芸、現代詩など、文学作品にまつわる書籍をご紹介
2016.7.26 文学

怪談特集、はじめました。スタッフたちがそれぞれお気に入りの1冊をご紹介します

kaidan_23
ジャンルを問わず、ウェブストアで展開しております特集コンテンツも第17回目を迎えました。今回は念願かない、実店舗と連動するかたちでの怪談特集!「怪談・奇譚 のすとす百物語」と題してお送りしております。

懐かしい絵本から稀代の浮世絵師の作品集まで、さまざまな怖い話・不思議な話を並ぶ本特集。せっかくですのでこの機会に、おばけ・妖怪大好きなスタッフたちがそれぞれお気に入りの1冊をご紹介します。

それでは、どうぞ。



山田のおすすめ「ねないこだれだ」

kaidan_05 山田が選ぶ1冊は、せなけいこの「ねないこだれだ」。
理由はズバリ、小さな頃に読んでもらった思い出の本だから。自分がお姉ちゃんになってからは、弟や妹にも読み聞かせてあげてました。

ネコやふくろうの毛並み、ゆらゆらとしたおばけのあやしさが
ちぎった紙の繊維でよく表されています。

kaidan_04 今改めて読んで気づいたんですが、おばけがツッコんでる。
「夜遅くまで起きているとおばけに連れて行かれるよ」という
シンプルなメッセージを込めたメッセージ。
いつの時代にも通じることだから、親から子どもに受け継いでいきたい絵本です。

kaidan_03

ねないこだれだ

著者
せなけいこ
出版社
福音館書店
発行年
1969年
人気シリーズ「いやだいやだの絵本」の1冊。おとなも子どもも楽しめる名作絵本。
店舗のみで販売しています。
お問い合わせはこちら

なつきのおすすめ「世界妖怪大全 世界はゲゲゲ」

kaidan_08 なつきです。私、実は妖怪とか怪談とか、大好きなんです。高校の文化祭では、3年連続お化け屋敷をやったくらい。ホラー映画なんかも「怖い怖い」といいつつ、どうしても気になって指の隙間から覗きたくなっちゃうんですよね。

そんな私のオススメは、水木しげる著の「世界妖怪大全 世界はゲゲゲ」。今は亡き、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家、水木しげる氏が世界の妖怪たちを描いた妖怪図鑑です。内容はとにかく、水木しげるワールド満載!登場する妖怪たちはどれもみな不気味で個性的。でも、どこか憎めない。

kaidan_09 なかでも私のお気に入りは、オーストラリアの原住民、アボリジニの妖怪「モコイ」。見た目は人間のこどもとそっくりで、ジブリのもののけ姫に登場する「こだま」にも似てるかも。モコイはフクロウと一緒にジャングルに棲んでいて、どうやら夜に行動するらしいんですね。「カイ、カイ、カイ」という鳴き声をあげるというところが、なんともかわいらしい。でも、彼らが鳴くのは死者の影の魂が身体を離れるときだけというから、やっぱりちょっと気味悪いですね…!

kaidan_10 さて、私が気になったポイントは、水木氏が本の冒頭で唱えている「妖怪千体説」。
「妖怪千体説」とは、全世界の妖怪たちは各種族によって呼び名が異なるけれども、だいたい同じようなものが千あり、その総数は決まっているというもの。たしかに妖怪たちの解説をよく読んでみると、その国特有の妖怪というのもいますが、なかには他の国でも似たような姿や悪さをはたらく妖怪がいるようです。この広い世界でこれだけ沢山の種族が暮らしているのに、似たような妖怪や精霊が言い伝えられているなんて不思議。

数多くの妖怪を描き続けた水木氏。目に見えない妖怪たちを世の中に広め続けた彼が綴った、「妖怪の数は決まっている」という言葉に、最初は違和感を感じました。ですが、それは水木氏が、妖怪や精霊といった存在を架空のものではなく、実在するものとして捉えているからにほかならないからなんですね。妖怪や精霊は、”この世と住人”と”あの世の住人”といったように切り離されている存在ではなく、今も人間世界のどこかで暮らしているのでしょう。

改めて本書をそういった視点で見ると、より妖怪たちが身近に感じられそうです。

kaidan_06

世界妖怪大全 世界はゲゲゲ

著者
水木しげる
出版社
集英社
発行年
1994年
水木しげるが、世界に伝わる妖怪を紹介。各種族によって名称が異なるものの、全世界には同じような妖怪が千ほど存在するという「妖怪千体説」を唱え、カラーのイラストを数多く掲載しながらユニークで少し不気味な世界の妖怪の姿を描く。

中野のおすすめ「国芳妖怪百景」

kaidan_11 中野です。今回の特集の中で個人的に一番のおすすめは、歌川国芳の「国芳妖怪百景」。喜多川歌麿や歌川広重、葛飾北斎といった有名な浮世絵師も素晴らしいのですが、奇想天外なアイデアが盛り込まれた国芳が一番好きです。

kaidan_13 本書は国芳が残した膨大な絵の中から、妖怪絵だけを編纂した一冊。妖怪といっても国芳の浮世絵にはオドロオドロしい印象はなく、どこかクスッと笑ってしまうユーモアあふれる作品ばかりです。

スマホもテレビもなかった江戸幕末という時代、メディアとしての一翼を担った浮世絵には、庶民を笑顔にする役目もあったのでしょうね。

kaidan_12 こちらは天保改革の風刺画として人気を呼んだ作品。妖怪が天保改革の被害者ということなのではないか?と憶測を呼んだと言われています。目付の鳥居耀蔵がまたイヤなやつなんだなぁこれが。

kaidan_07

国芳妖怪百景

編集
悳俊彦
出版社
国書刊行会
発行年
1999年
江戸時代末期を代表する浮世絵師の一人、歌川国芳の図録。「相馬の古内裏」「舌切雀図」など、百余点の妖怪画をオールカラーで収録。浮世絵研究家である、悳俊彦の解説付き。

石井のおすすめ「稲生家=化物コンクール」

kaidan_01 石井です。怖い話といいますと、本格的な心霊怪奇ものより、小泉八雲や柳田國男が綴ったフォークロア寄りの短編が好きです。本だけでなく「時空のおっさん」など、ネット上に漂う不思議な話を拾うこともしばしば。新旧問わず、いちど読み始めてしまうとページをめくる、もしくはスクロールする手を止められなくなる怪談・奇譚。その中から個人的なおすすめとして稲垣足穂の「稲生家=化物コンクール」をご紹介したいと思います。

本書は江戸時代後期の国学者、平田篤胤が記した妖怪物語「稲生物怪録」をモチーフに、稲垣足穂がアレンジを加えたもの。この妖怪譚に登場する妖怪の大将、山ン本五郎左衛門(曰く、『やまもとに非ず、さんもとと発音いたす』)がとても格好良い。


背の丈は鴨居を一尺を越す程である。肩幅広く四角四面のようだが、至極太っているので、体のどこにも角ばった所がないとも云えるような大男が、悠々と出てきた。齢の比は四十許り。甚だ人品良く、花色の帷子に浅葱の裃を着け、腰に両刀を差して、静かに歩いて向う側に坐った(略)
ー 山ン本五郎左衛門の登場シーンより抜粋


とある悪戯がきっかけで様々な化け物が出没するようになってしまった稲生家。ところが養子である平太郎少年が次々に怪異を退けてしまうものだから、ついに真打ちとして登場する山ン本五郎左衛門。ですが、ここからが世にある妖怪退治譚とは異なるところ。五郎左衛門は強さをひけらかすどころか、堂々と名乗りをあげ、平太郎の度胸をみとめ、からりと笑って潔く退散してしまうのです。なんとも粋です。

江戸的記述を現代語にアレンジし、稲垣足穂らしい言い回しで展開する本書。人と妖怪との異色の交流物語ともとれます。たまにはこんな洒落た妖怪譚はいかがでしょう。

ところで、夜中に部屋でひとり、しかも洒落怖を読み漁っているときに限って、天井の隅をバキバキ鳴らすのはどなたの仕業ですか。心臓によくないったらありゃしない。

kaidan_02

稲生家=化物コンクール

著者
稲垣足穂
出版社
人間と歴史社
発行年
1990年
平田篤胤が記した妖怪物語「稲生物怪録」をモチーフに、稲垣足穂が自家薬籠中のものにした妖怪譚。「懐しの七月」「山ン本五郎左衛門只今退散仕る」「稲生家=化物コンクール」の3作品に、俳人/高橋康雄による解説を併せて収録。
今回の特集では、古今東西の怪談・奇譚をはじめ、妖怪、幽霊、悪魔、妖精など超自然的な存在にまつわる書籍を揃えております。さあ、ノストスブックス的おばけの世界へいざ往かん!

特集コンテンツ
怪談・奇譚 のすとす百物語
夏の風物詩といえば海水浴に花火にスイカ。そして、背筋をひんやりさせてくれる怖い話。今回の特集では古今東西の妖怪、幽霊、悪魔、妖精などにまつわる怪談・奇譚を集めました。

絵本の作り手たち
特集コンテンツ
絵本の作り手たち
驚くほど多様性に富む絵本の世界。魔法のように絵本を彩る、世界中のイラストレーターやデザイナーたちの作品集や著作を特集します。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマークに追加

この記事をシェアする

ニュースレターご登録はこちら
最新の入荷情報や展示イベント、おトクなキャンペーンなどをニュースレターでいち早くお届けします。詳しくはこちら

送信内容を確認後、チェックを入れてください

お支払い方法について

  1. クレジットカード決済

    VISA、MasterCard、JCB、Amex、Dinersがご利用いただけます。分割払いも可能です。
  2. コンビニ決済

    ご注文後、発行される払込番号をコンビニにお持ちいただきお支払いください。手数料は無料です。
  3. 後払い決済

    お支払前に商品を発送いたします。別送の請求書をお近くのコンビニ・郵便局・銀行にお持ちいただき、お支払いください。手数料として別途250円を頂戴いたします。
  4. 代金引換決済(着払い)

    到着時にドライバーに現金でお支払いください。手数料として別途350円を頂戴いたします。
  5. その他、銀行振込、Paypal決済もご利用いただけます。
    詳しくはこちら

送料・配送について

  • ・日本郵便ゆうパックにてお送りいたします。
  • ・送料は全国一律500円。
  • ・お買い上げ商品代金の合計が10,000円以上で送料無料。

お届け日の目安

営業日の正午12時までに確定したご注文につきましては当日中にご注文商品を出荷させていただきます。

なお、到着ご希望日が数日先に設定されている場合、ご注文の確定(ご入金の確認)がなされていない場合、またご注文内容について何らかの確認をさせていただく必要がある場合などは、上記の出荷に関するお約束に適用されませんのでご理解の程お願い申し上げます。何らかの理由で発送が遅れる場合はその旨ご連絡いたします。

返品・返金について

当店で取り扱うすべての商品で返品・返金に対応させていただきますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。返品をご希望の場合には、商品到着後7日以内に当店宛てにご連絡ください。
詳しくはこちら

送料・配送について

info@nostos.jp
03-5799-7982

公式SNS

運営会社

株式会社NEU(ノイ)
東京都公安委員会許可 第303251508268号
© nostos books All Rights Reserved.