デザイングラフィックやタイポグラフィなど、デザインにまつわる書籍をご紹介

松田行正が追い求めるブックデザインの可能性。本はオブジェになっていく

山田
書いた人:
2016.6.28 デザイン
山田です。

本で最も重要なのは内容だと思いますが、私が「この本を買おう!」と思う基準はブックデザインがいいかどうか だったりします。なぜなら、内容以外の楽しさがあることを知っているから。それを教えてくれたのは、松田行正がブックデザインを手がけた本でした。

松田行正は、工作舎の仕事を手がけてきたグラフィックデザイナー。杉浦康平のブックデザインやエディトリアルデザインを継承し、「オブジェとしての本」を追求するうち、自身のデザインオフィス内に出版レーベル「牛若丸」を立ち上げてしまった、すさまじい高い探究心とDIY精神の持ち主なのです。

そこで今回は、ブックデザインをプロダクトデザインの領域に持ち込んだ、松田行正の仕事をご紹介します。



さわって楽しいカバー

matsudayukimasa_0911_4 向井周太郎との共著のデザインエッセイ「円と四角」のカバーは、円を「エン」ボス加工した思わず触りたくなる仕様。円形と四角形を組み合わせた護符、カリグラフィ、「視覚」詩をひたすら集めたマニアックな内容。いい塩梅にダジャレが効いています。

matsudayukimasa_0911_1 見落としがちなカバーの裏には、澤地真由美とともに作り上げた20世紀タイポグラフィ概念の歴史年表を発見。護符や宇宙図に始まり、 詩/アート/デザインの領域を行き来しながらタイポグラフィが確立されてきた流れをひと目に見ることができます。本来であれば、これだけで1冊本が書けるような大量で重要な情報をカバーの裏に配するなんて……本を隅々まで読んだ人だけが手に入れることのできる知識ですね。

matsudayukimasa_0911_7 過去にはブルーノ・ムナーリが「円+正方形 その発見と展開」、杉浦康平が「ヴィジュアルコミュニケーション」のなかで先駆的な円と四角の表現をまとめたのに対し、本著は古代〜近代が中心。陰陽道(左上)やら、新国誠一の視覚詩(右下)やら……

matsudayukimasa_0911_6 フラクタル図形、さらには色覚検査表も。丸い図版を制御するレイアウトや、円と四角というキーワードだけであらゆる表現をまとめた編集の参考書としても重宝します。ただ、おもしろいんだけど見続けていると目が回りそう(笑)。

円と四角 | 向井周太郎、松田行正

円と四角

著者
向井周太郎、松田行正
出版社
牛若丸
発行年
円形と四角形に昇華した護符・カリグラフィ・宇宙図などを編纂した視覚伝達関連書。フェルディナンド・クリウェットやマルセル・デュシャンらのグラフィックデザインなどを収録。
2の累乗をひたすら追いかけていく内容も興味深い「2の冒険」では、「2」種類の紙を使ったおもしろいカバーが本体を包んでいます。

グラフィックデザイナー/松田行正が、0乗から102乗まで2の累乗の世界をさまざまな数や図で紹介。楽しく数字と触れ合える工夫が随所に散りばめられている。
2の冒険 | 松田行正

さわって楽しいカバー その2

線の冒険 デザインの事件簿 | 松田行正 「線の冒険 デザインの事件簿」と題した自著は、「線」を点が動いた運動の軌跡であるというカンディンスキー的視点から綴ったデザインエッセイ。パウル・クレーのドローイングからガラスのひび割れ、子午線、魔法陣、建築など……線とデザインのストーリーを綴っています。

タイトルにちなんで、カバーにはラインのデボス(へこみ)加工が。まずはじめにこの本を手に取ったとき、線を指で辿って、自然と軌跡を描いてしまったのだからデザインの力はすごいというか怖い。

線の冒険 デザインの事件簿 | 松田行正 本編では魔法陣を描く線について。その歴史やルールを調べては、こんな風に自分で書いていたんだそう。デザインワークのかたわら、文字や記号、もの起源を探求した著作たちは読み応え十二分。

線の冒険 デザインの事件簿 | 松田行正 ビートルズのジャケットでお馴染み、「アビーロード」の横断歩道について。ジャケットになった当時はなかった、ジグザグの線が引かれています。有名なスポットになりすぎて歩行者が写真を撮るのに立ち止まることから、自動車の運転手に注意を促すためのものなんだそう。
端に目をやると、1ページ1ページに緻密な仕掛けが詰め込まれているのも見て取れます。

線の冒険 デザインの事件簿 | 松田行正 本を閉じて小口を斜めに開いてみると、「線」で形成された建造物・東京タワーが。紙という平面的なイメージがある本ですが、厚みによってオブジェとなることを気付かされたのでした。

線の冒険 デザインの事件簿 | 松田行正

線の冒険 デザインの事件簿

著者
松田行正
出版社
角川学芸出版
発行年
2001年
「規格化された線」や「立体化する線」「骨組み線」など、あらゆる線をテーマにグラフィックデザイナー・松田行正が綴るデザインエッセイ。自著自装。
斬新なカバーでもう一冊。世界各地で目撃された円盤を紹介する「円盤物語」は、カバーが穴だらけになっています。怪しい未確認飛行物体を収めた内容とは裏腹に、オレンジの水玉が散りばめられた本はとってもかわいい物体。

matsudayukimasa_0911_14
世界各地で目撃された空飛ぶ円盤64機のデータを、イラスト付きで詳しく紹介した一冊。遊び心のあるブックデザインは松田行正。
matsudayukimasa_0911_10

めくって楽しいカバー

ZERRO ゼロ | 松田行正 本を読もうとすると、すぐさま本文へと進みがちですが、『ZERRO(ゼロ)』ではカバーをめくってみるとここにも何やら書かれています。本体を保護するだけではなく、情報を乗せる面を増やすこともできるカバー。本をくまなく読んでくれた人だけが手に入れることができる、情報のお宝が眠っているのです。折り返した端もかわいい。

ZERRO ゼロ | 松田行正 小口は表紙と同じ色にベタ塗り。全身に緑をまとうと、一層オブジェ感が増して見えます。

ZERRO ゼロ | 松田行正 中では「かたち」に着目し、記号や符号・暗号をコレクション。この電気・電子回路図は、私も学生の頃よく書いたものです。一つ一つ定規を使ってきれいに描くのが悦びという板書魔でした。今思い返すと気持ち悪い人間だったなあ。

ZERRO ゼロ | 松田行正 家のロゴマークとも言える、家紋。今となってはなかなか目にする機会は少ないですが、こうして見るといろんなバリエーションと意味があるんですね。

ZERRO ゼロ | 松田行正

ZERRO

著者
松田行正
出版社
牛若丸
発行年
2004年
様々なデザインを手がけてきた松田行正が、形に魅せられた記号・暗号・符号・文字などをひたすらに収集し、編纂。国や時代を超えたコミュニケーションツールが、「かたち」という枠組みだけで横並びに。

本をパッケージングする「箱」としての表紙

はじまりの物語―デザインの視線 | 松田行正 自著のデザインエッセイ「はじまりの物語―デザインの視線」では、表紙にご注目。写真ではちょっとわかりにくいのですが、箔押しで模様をプリントしています。カバーに包まれてなかなか陽の目をみることのない表紙に、このこだわりよう!
ちなみにこの模様は、脳が刺激からパターンを見つけ、体制化する性質を利用したもの。決して一つ一つの点は丸く並んでいないのに、無数に丸が浮かび上がってくるから不思議ですよね。これは「デヴィッド・マーの類似による群化」の例だそうです。

はじまりの物語―デザインの視線 | 松田行正 こちらの小口もびっくりです。右方向にずらすと女性の絵。

はじまりの物語―デザインの視線 | 松田行正 左方向にずらすと、おじさんが登場。ちょっと怖い。

はじまりの物語―デザインの視線 | 松田行正 本著では、デザインのルーツを探っていきます。こちらは野菜や人で別の絵を描いた作品。

はじまりの物語―デザインの視線 | 松田行正 YMOの散開が、ナチスを元に作られていたなんて、驚き。

はじまりの物語―デザインの視線 | 松田行正

はじまりの物語 デザインの視線

著者
松田行正
出版社
紀伊國屋書店
発行年
2007年
グラフィックデザイナー/松田行正が、様々な概念や方法のルーツを、豊富な図版資料とテキストで辿る。
前著であるアイデアの「タネ」が詰まった冒険の書、「眼の冒険 デザインの道具箱」も併せてどうぞ。

グラフィックデザイナー/松田行正が、アイデアの「タネ」、物事の新しい見方を披露。「直線の夢」「面の愉しみ」「形のコラージュ」等々のカテゴリーで近代美術からオカルトをも含むあらゆる事象を嗜む。
matsudayukimasa_0911_11
表紙でもう一冊。米澤敬のエッセイ「変」は、パイル地の表紙がフィルムのカバーをまとっているという、タイトルどおりへんてこなブックデザイン(これも一応紙らしいです)。内容もビートルズから花札まで、さまざまな図像をめぐって米澤敬が徒然なるままに博覧強記のエピソードを綴る、変わり者の変わり者による変わり者のための本。

matsudayukimasa_0911_15
工作舎の三代目編集長である米澤敬のエッセイ。「変」「甲蟲事件」「月次帖」の3章にわたって日本にまつわる博物学を披露する。
matsudayukimasa_0911_12
牛若丸から出版された本の奥付にはこうあります。

楽しく明るい玩具としての本
やさしい本
おもわずプレゼントしたくなる本
夢を持ち続けている大人の本
オブジェとしての本
そして,奇妙で月っぽい本
牛若丸では,そんな本をつくり続けてゆきたいと思います。


本は情報を運ぶメディアとしか思っていなかったけれど、一人の本を愛する男によって、私の世界は変わりました。

こちらのコンテンツもおすすめです。

特集コンテンツ
野中ユリの作品と装幀
1950年代に瀧口修造の師事をうけ、シュルレアリスムを軸に表現領域を広げた芸術家・野中ユリ。彼女の作品集や装幀を手がけた書籍をまとめてご紹介。
和田誠の仕事
特集コンテンツ
和田誠の仕事 広告デザインから装幀、似顔絵まで
絶妙な筆加減で描かれた似顔絵、肩の力が抜けた軽快なデザイン、マニアもうならせる映画エッセイ。和田誠の仕事は分野をまたぎ、バラエティ豊かな広がりをみせます。
スタッフ日記 | おすすめ書籍
バウハウス(bauhaus)の教育者たち。ヨハネス・イッテンとモホリ=ナジ
バウハウスの豪華な教師陣の中からヨハネス・イッテンとモホリ=ナギにフォーカスします。
日本のモダニズム詩人がこだわった余白の美学
スタッフ日記 | おすすめ書籍
日本のモダニズム詩人がこだわった余白の美学
詩を書くだけではなく、それがどのように印刷されて人の目に映るべきか、まで考え抜いたモダニズム詩人・北園克衛の美学について。
山田
コンテンツ編集長として、ブログやイベントなどの企画・編集を行なっています。好きなジャンルは写真と音楽、カルチャー。特にアラーキーが大好きです。アレン・ギンズバーグの「HOWL」キャップを被っている古着女子を見つけたら、それはわたし。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマークに追加

この記事をシェアする

ニュースレターご登録はこちら
最新の入荷情報や展示イベント、おトクなキャンペーンなどをニュースレターでいち早くお届けします。詳しくはこちら

送信内容を確認後、チェックを入れてください

お支払い方法について

  1. クレジットカード決済

    VISA、MasterCard、JCB、Amex、Dinersがご利用いただけます。分割払いも可能です。
  2. コンビニ決済

    ご注文後、発行される払込番号をコンビニにお持ちいただきお支払いください。手数料は無料です。
  3. 後払い決済

    お支払前に商品を発送いたします。別送の請求書をお近くのコンビニ・郵便局・銀行にお持ちいただき、お支払いください。手数料として別途250円を頂戴いたします。
  4. 代金引換決済(着払い)

    到着時にドライバーに現金でお支払いください。手数料として別途350円を頂戴いたします。
  5. その他、銀行振込、Paypal決済もご利用いただけます。
    詳しくはこちら

送料・配送について

  • ・日本郵便ゆうパックにてお送りいたします。
  • ・送料は全国一律500円。
  • ・お買い上げ商品代金の合計が10,000円以上で送料無料。

お届け日の目安

営業日の正午12時までに確定したご注文につきましては当日中にご注文商品を出荷させていただきます。

なお、到着ご希望日が数日先に設定されている場合、ご注文の確定(ご入金の確認)がなされていない場合、またご注文内容について何らかの確認をさせていただく必要がある場合などは、上記の出荷に関するお約束に適用されませんのでご理解の程お願い申し上げます。何らかの理由で発送が遅れる場合はその旨ご連絡いたします。

返品・返金について

当店で取り扱うすべての商品で返品・返金に対応させていただきますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。返品をご希望の場合には、商品到着後7日以内に当店宛てにご連絡ください。
詳しくはこちら

送料・配送について

info@nostos.jp
03-5799-7982

公式SNS

運営会社

株式会社NEU(ノイ)
東京都公安委員会許可 第303251508268号
© nostos books All Rights Reserved.