奮闘記お店づくりや経営についての記録

【ECサイトにかかせない商品撮影の基本】物撮り編

【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編
前回の記事はこちら
【ECサイトにかかせない商品撮影の基本】撮影スタジオDIY編

さて、前回倉庫を撮影スタジオに改造して機材も揃ったところで、今までの撮影での問題点を解決するべく講習会を行いました。お招きした講師の先生は、鈴木公平氏。ライブ写真からファッションブランドのイメージカットまで、幅広く活躍しているプロカメラマンです。

profile
鈴木公平
フォトグラファー

宮城県塩釜市生まれ。橋本塁氏に師事し、独立後株式会社ミディアム写真部を経て2013年独立。
主に音楽、ファッションの撮影を中心に活躍中。2014年写真集「VENUE」発売。
 

まず、現在ノストスブックスが抱えている問題点は4つ。



【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編

1.基本的な機能を理解していない(いまさら!)

まずはカメラの基本的なお話から。 いつも撮影モードを適当にいじりながら曖昧な撮影をしていたノストスブックススタッフ一同。 まずは基本のきということで、F値やシャッタースピード、ISO感度、撮影モードなどの説明を一通りしていただきました。

【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編ノートをとりつつ、まじめに聞くスタッフ。

焦点の範囲を決めるF値(絞り値)

写真を撮るには、まず対象となるものに向けてカメラを構え、シャッターを半押ししてピントを合わせます。その際に、ピント(焦点)を合わせる範囲を調節するのがF値。値が小さいほど焦点は広く、大きいほど焦点は狭くなります。そこで、被写体の大きさや写したいものの範囲に合わせて、F値を調節します。

このF値の正体は、実はシャッターの膜の開放量。明るいところでは瞳孔が閉じるように、値を小さくするほど写真は暗く、大きくするほど明るくなります。 カーテンに例えるなら、布を開く面積。すなわち、空間で光量を調節するためのものとイメージすることができます。

【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編

シャッタースピード

写したいもののピントを合わせ、焦点の範囲を合わせても、暗ければ写真は写りません。F値がカーテンを開く面積なら、シャッタースピードはカーテンを開く速さ。F値を絞って光量が足りない場合は、シャッタースピードを遅くすることで長く光を取り込み、写真の明るさを調節します。

一般的には、動いている対象をブレることなく写すためにシャッタースピードを速くし、短い瞬間を切り取るように調節しますが、今回は物撮りのため、F値を優先してシャッタースピードを調節します。

暗いところではISO感度

暗いところで撮影すると、物体が一切写らずに一面が黒くなることがあります。ここで、「ISO感度」を上げると、暗い背景から物体を識別することができます。音楽で言うなら、アンプのようなもの。今回は十分なライティングやストロボで光量を安定させるため、ノータッチでOK。

なるほどなるほど。機能が多すぎて何をどういじってよいのかわからなかったのですが、基本の説明を丁寧にしていただいたので、3つの関係性を改めてしっかり理解できました。

2.被写体が歪む

【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編 以前は簡易撮影ボックスの手前から撮っていたので、どうしてもこのぐらいの台形になってしまいます。見ていただくとわかりますが、本のサイズにとってはバック紙が足りないという部分も後加工していましたので加工時間がよりかかってしまうのです。

長方形の本が台形に見えるように、歪んで写ってしまうことを「パースがつく」と言います。今まではレタッチで修正していましたが、毎度これでは画像の加工に時間がかかるかかる……。そこで、パースの原因とその対策を教えてもらいました。

方法その1:グリッドで正位置をつかむ

【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編 歪んで見えるということは、被写体を正面から捉えられていないということ。そこで、物体の正面を掴むために、カメラ上にグリッドを表示させます。被写体の直線部分とグリッドが直角に交わっていれば、正位置にカメラを構えられているということ。ちなみに、これはiPhoneにも応用可能。

方法その2:広角側ではなく、望遠側を使う

【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編 左が広角、右が望遠で撮影したもの。左はかなり歪みが発生してます。

広角レンズでは、端のものは大きく、収束する中心のものは小さく写ります。この対比が奥行きを生み出しているのですが、近くの物を撮る場合には歪みとなってしまいます。そこで、遠くも近くも平滑的に写すことのできる望遠レンズを選ぶと、レンズによる歪みは軽減されます。

3.被写体へ均一に光が当たっていない

【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編 これまでは、卓上に設置した簡易撮影ボックスの天面から均一に光を当てて本を撮影していましたが、被写体までは均一に光が届かず……。撮影モードをオートにすると、シャッターを切るごとに自動補正がかり、一連の写真の明度にバラつきが生じていました。

こちらの写真も、歪んでいることに加え、下にいくにつれて色味が変わってしまっています。ここも毎回色調整していました。

方法その1:ストロボを使う

【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編 ミニスタジオを照らしていたライトでは光量が足りなかったということで、思い切ってストロボを購入。使ってみると、被写体に均一に光が行き届くようになりました。本だけでなく、形の複雑な雑貨もきれいに撮れます。1つの商品に対して複数枚撮るときも、明度のバラつきが軽減しました。

方法その2:暗くなりがちな端にはレフ板を置く

shooting10 光の不均一は、1枚の中でも起こります。厚みや高さのある物体には影が強めにでてしまうのですが、被写体を挟んだ光源の対岸にレフ板を設置することで、光が反射して、影の濃さも軽減されます。このあたりは慣れが必要ですね。さらに右側が若干暗めなので、ストロボの位置とレフ板でよりフラットな光を作れると思います。

4.反射する(本と雑貨)

【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編 ファッション写真に多いですが、黒の面積が多い&コート紙の場合は、上部から撮影しようとすると光を反射してしまったり、ページ上に手やカメラが写り込んでしまったりすることもしばしば。撮影ではかなり苦戦を強いられておりました。

【ECサイトにかかせない撮影の基本】物撮り編 こちらもストロボである程度解消されます。どうしても難しい場合は無反射ガラスを使うとより反射を軽減できます。それだけでなく、開きづらかった本を手で押さえずにきれいに開いてくれて一石二鳥。ただし、ガラスなので取り扱いにはご注意。

購入前に実物を確認することができるお客様は限られていますから、ノストスブックスではできる限り実物と同じ状態で皆様に見ていただきたいと考えています。本の作り手に対する尊敬をこめる意味でも、どうしてもクオリティの向上は必須。

今回のまとめ+結果報告

講習を受けたとはいえすぐにプロ並みの撮影ができるわけではありませんが、今まであやふやだった基本を学べたのは大きな前進です。 今後は撮影技術とレタッチソフトの連動効率化など、日々改善していくことでさらなるブラッシュアップを目指します。

さて、次回は最終回、イメージカットの撮り方の基本についてレポートします!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマークに追加

この記事をシェアする

ニュースレターご登録はこちら
最新の入荷情報や展示イベント、おトクなキャンペーンなどをニュースレターでいち早くお届けします。詳しくはこちら

送信内容を確認後、チェックを入れてください

お支払い方法について

  1. クレジットカード決済

    VISA、MasterCard、JCB、Amex、Dinersがご利用いただけます。分割払いも可能です。
  2. コンビニ決済

    ご注文後、発行される払込番号をコンビニにお持ちいただきお支払いください。手数料は無料です。
  3. 後払い決済

    お支払前に商品を発送いたします。別送の請求書をお近くのコンビニ・郵便局・銀行にお持ちいただき、お支払いください。手数料として別途250円を頂戴いたします。
  4. 代金引換決済(着払い)

    到着時にドライバーに現金でお支払いください。手数料として別途350円を頂戴いたします。
  5. その他、銀行振込、Paypal決済もご利用いただけます。
    詳しくはこちら

送料・配送について

  • ・日本郵便ゆうパックにてお送りいたします。
  • ・送料は全国一律500円。
  • ・お買い上げ商品代金の合計が10,000円以上で送料無料。

お届け日の目安

営業日の正午12時までに確定したご注文につきましては当日中にご注文商品を出荷させていただきます。

なお、到着ご希望日が数日先に設定されている場合、ご注文の確定(ご入金の確認)がなされていない場合、またご注文内容について何らかの確認をさせていただく必要がある場合などは、上記の出荷に関するお約束に適用されませんのでご理解の程お願い申し上げます。何らかの理由で発送が遅れる場合はその旨ご連絡いたします。

返品・返金について

当店で取り扱うすべての商品で返品・返金に対応させていただきますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。返品をご希望の場合には、商品到着後7日以内に当店宛てにご連絡ください。
詳しくはこちら

送料・配送について

info@nostos.jp
03-5799-7982

公式SNS

運営会社

株式会社NEU(ノイ)
東京都公安委員会許可 第303251508268号
© nostos books All Rights Reserved.