商品のこと当店で取り扱っている商品をピックアップしてご紹介

雑誌「つるとはな」を入荷しました。年上の先輩に学ぶ、これからの日々の歩み方。

なつき
書いた人:
2017.4.10 商品のこと
雑誌「つるとはな」を入荷しました。年上の先輩に学ぶ、これからの日々の歩み方。
こんにちは!なつきです。

人生の節目でふと立ち止まったり、「このままでいいのかな?」と悩んだり。そんな時、人生の先輩に話を聞きたいと思ったことはありませんか? 「つるとはな」は、年上の先輩を取り上げ、人生の面白みやこれからの日々の歩み方をそっと教えてくれる雑誌です。

今回はそんな「つるとはな」を、創刊号から最新刊まですべて入荷しましたのでご紹介したいと思います。 ちなみにメインビジュアルを飾ってくれたのは、松陰神社前の大先輩こと、おがわ屋の店主・小川さん!スタッフ一同、店頭に立つその姿から日々色々なことを学んでいます。


年上の先輩の話を聞く、小さな場所

「おばあちゃんの名前って、なんだった?」
「うちはつる」
「うちは、はな」
こんな他愛のない会話から生まれた「つるとはな」という雑誌名。このエピソードにちなんで、創刊号には二文字の名前をもつ女性をひたすら探す「君の名は?」という、なんともキャッチーな企画が。こんな風に、単に年上の方にフォーカスするだけでなく、若者を惹き付けるキャッチフレーズや時代の流れがうまく組み込まれ、雑誌の構成という視点から見てもセンスが光る内容になっています。

それもそのはず。編集長は、マガジンハウス発行の雑誌「Olive」の編集長を担当し、「ku:nel」を創刊した岡戸絹枝が、そしてアートディレクターは同じく「ku:nel」でアートディレクションを担当した有山達也がつとめるなど、なんとも錚々たるメンバーによってつくられている雑誌なんです。

常に時代を切り取ってきた編集のプロたちが光を当てる、なんとも魅力的な先輩たち。年齢、性別、パートナーの有無に関わらず、自立して自分の人生を楽しむコツを教えてもらいましょう。

つるとはな 創刊号

「つるとはな」には、各号ごとにテーマが設けられているわけではありません。大きなテーマで一括りにしてしまうのではなく、それぞれの登場人物にまんべんなく光を当てることによって、一人一人の個性が活きるような構成になっています。

創刊号の「よその国のレディース」では、アイルランドに1900年から存在するパブを祖父から受け継いだ2人の姉妹が登場。アイルランドでは誉れ高きパブリカン(パブの経営者)である2人は独身で、結婚したいと思ったことは一度もないそう。自分で築き上げた人生を心から幸せと語る2人を見ていると、日本で蔓延している"結婚こそが幸せ"なんて概念がちっぽけに思えてくる。

マイ・ボーイフレンド」では俳優の火野正平をインタンビュー。番組の企画で、今でも自転車で日本を横断するその姿は、65歳だなんて信じられないほどの色気が漂っています。強面で突っ張っているように見えて、時に子供のように無邪気で可愛い一面をのぞかせる火野さん。ずるい……こんなん、モテるに決まってるじゃん。

そして中にはこんなお笑い路線の企画も!蛭子さんと一緒に、正しいからだの動かし方をおさらいです。この真面目さとゆるさのバランス、絶妙。

つるとはな 創刊号

編集
岡戸絹枝
出版社
つるとはな
発行年
2014年
・死んだもの、打ち上げられたものは美しい
・君の名は?
・安心して不安でいよう
・須賀敦子からの手紙(前編)
・歌って更けゆく鎌倉の夜 他
こちらは「つるとはな」の創刊号と第2号にも掲載されている「須賀敦子からの手紙」の単行本。随筆家・イタリア文学者である須賀敦子が、1975年から亡くなる前年の1997年までの間に綴った55通の書簡すべてを収録しています。

55通の書簡のほか、須賀敦子全集には未収録のエッセイや、妹である北村良子や、親友のコーン夫妻へのインタビューなども併せて収録。

つるとはな 第2号

第2号のインタビュー企画は、リリー・フランキー。「でかいパンツはいてたらすぐに老けますよ」の言葉が心に刺さる……。押忍。

こちらでは、"必需品ではないけれど、あると毎日がちょっとだけ上質になるような日用品"を紹介。人に自慢するためじゃない、自分のためだけのとっておき。贅沢だなぁ。

雑誌名の「つるとはな」にちなんで取り上げたのは、浅草にある銭湯「鶴の湯」と、そこに住む猫の「はな」。雑誌名と一緒の組み合わせというひょんな偶然をきっかけに、普段は語られることのない家族の歩みが紐解かれていくのが面白い。人に歴史あり……いや、猫に歴史あり、ですね。

つるとはな 第2号

編集
岡戸絹枝
出版社
つるとはな
発行年
2015年
・勝負師はロマンチストたいね
・でかいパンツはいてたらすぐに老けますよ
・お似合いですね、白いシャツ
・オレたち、のびしろあるよね
・ポチはいい子ね、ばばの宝 他

つるとはな 第3号

音楽にあわせて力強く、かつ軽快なステップを刻んでいるのは、理容師の宮川さん。「ダンスも床屋も足腰が腕前を決める」とあって、仕事中に曲が流れると自然と身体が踊りだしてしまうそう。お客さんの髪を切っている時の和やかな表情が、ダンスを踊っている時はキリッと引き締まります。80歳で仕事とプライベート、2つの顔を持ってるなんてかっこよすぎる。

大人になっても童心は忘れないものですよね。作家の江國香織と、妹で編集者の江國晴子が取り上げている童謡絵本も、懐かしい日々や家族を思い出させてくれるもののひとつだそう。幼い頃に立ち返えれば、自分のルーツが見えてくる。そのとき感じる優しい気持ちがまたひとつ、自分を強くしてくれるかもしれません。

そしてこの第3号でつるとはな一行が訪ねたのは、新潟。180年もの歴史をもつ蔵元がつくる「鶴の友」という地酒と、古町の「華」である舞妓さんに迫ります。濃厚な活気に包まれた蔵元と、そこでつくられた美味しいお酒でお客様をもてなす舞妓さんに会いにいきたくなっちゃいます。粋な日本の伝統文化に、記事を読むだけで酔いしれてしまいそう。

つるとはな 第3号

編集
岡戸絹枝
出版社
つるとはな
発行年
2016年
・今日は地球を1万歩
・年齢なんてただの数字よ
・新しく軽やかでスマートに
・好きなのよ、もみじの立ち耳、巻きしっぽ
・「その日」まで、何を頼りに生きていく? 他

つるとはな 第4号

最新号である4号にも、素敵なレディーズ&ジェントルメンが勢揃い!いま夫婦で楽しむ趣味は、ピンポンが熱いみたいですよ。家のガレージが卓球場になっているなんて、おしゃれすぎませんか?ロンドンでは、卓球と食事が楽しめる"ピンポンバー"なる施設も話題となっているらしく、世代を超えて愛されるスポーツとなっているようです。

94歳にして現役の染色家として活躍する、柚木沙弥郎さん。深く年齢を重ねた手から生み出される作品はどれも力強く、みずみずしい。かつては染色工芸家・芹沢銈介に弟子入りしていた柚木さんからは、現在でもなお学びの手を止めない姿勢が感じられます。

何でもいいからワクワクできる対象を見つけて、白紙で立ち向かえばいい

ほんと、年齢って何なんでしょうね。

そして、人生の先輩方に混じって紹介されているのは、女子卓球界の次世代エース・平野美宇さん16歳。日々厳しい練習をこなし、世界の大舞台で活躍する彼女から溢れる言葉は、強い意志と力に満ちています。自立した精神や身体の内側からみなぎるエネルギーは、年齢には左右されないんだな。10代だろうが90代だろうが、毎日をひたむきに生きるかどうかが、その人の人生に表れる気がする。

つるとはな 第4号

編集
岡戸絹枝
出版社
つるとはな
発行年
2016年
・毎日登る富士山へ!
・お似合いですね、素足にハイヒール
・よりよき土になるために
・つるつる三昧、花ざかり
・女は命飛美を考える 他
柚木沙弥郎の写真集はこちら。工房での制作風景や書斎、雑貨のコレクションなどを写真家の木寺紀雄が撮影しています。

型染の第一人者、柚木沙弥郎の写真集。装丁は名久井直子。
「まだ若いのにクヨクヨしてるんじゃない!」と喝を入れられているような、はたまた「そんな焦らなくていいんだよ」と優しく背中をなでてもらっているような。どちらにせよ、これからの人生がなんだか一層楽しみになってきました。毎日を一生懸命生きて、人生を振り返ったとき、何かを語れる人間でありたいなと思います。 こちらのコンテンツもおすすめです。

新生活応援フェア開催!ノストスブックスが提案する、新生活のススメ。
スタッフ日記 | お知らせ
新生活応援フェア開催!ノストスブックスが提案する、新生活のススメ。
ノストスブックスが新生活アイテムをご提案。お気に入りのアイテムと一緒に春を迎えませんか?

新感覚の文藝誌「髪とアタシ」を入荷しました。「髪」を通して見つける、自分の生き方・働き方。
スタッフ日記 | 商品のこと
新感覚の文藝誌「髪とアタシ」を入荷しました。「髪」を通して見つける、自分の生き方・働き方。
美容師のための文藝誌として誕生した「髪とアタシ」。美容界の知られざる裏側を覗けたり、美容師や髪に関わる人たちの人柄に触れられる新感覚のリトルプレスです。

花と写真とファッションが共鳴する。edenworks bedroomの世界が詰まったZINE『be』
スタッフ日記 | 商品のこと
花と写真とファッションが共鳴する。edenworks bedroomの世界が詰まったZINE『be』
篠崎恵美が主宰する週末だけの花屋、edenworks bedroom。花とアート、デザイン、写真が共鳴するZINE『be』をご紹介します。
なつき
静岡県出身/前職:某テーマパークのお姉さん、リノベーション会社/好きなもの:古いもの、クラシックなもの/好きなこと:読むこと、書くこと/好きな本のジャンル:小説、エッセイ、日本企業の広告・プロダクト・パッケージデザイン、工芸・民芸、明治〜大正建築/店頭でヘラヘラしているのが私です。一緒に、好きだと思えるものを沢山見つけましょう。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマークに追加

この記事をシェアする

ニュースレターご登録はこちら
最新の入荷情報や展示イベント、おトクなキャンペーンなどをニュースレターでいち早くお届けします。詳しくはこちら

送信内容を確認後、チェックを入れてください

お支払い方法について

  1. クレジットカード決済

    VISA、MasterCard、JCB、Amex、Dinersがご利用いただけます。分割払いも可能です。
  2. コンビニ決済

    ご注文後、発行される払込番号をコンビニにお持ちいただきお支払いください。手数料は無料です。
  3. 後払い決済

    お支払前に商品を発送いたします。別送の請求書をお近くのコンビニ・郵便局・銀行にお持ちいただき、お支払いください。手数料として別途250円を頂戴いたします。
  4. 代金引換決済(着払い)

    到着時にドライバーに現金でお支払いください。手数料として別途350円を頂戴いたします。
  5. その他、銀行振込、Paypal決済もご利用いただけます。
    詳しくはこちら

送料・配送について

  • ・日本郵便ゆうパックにてお送りいたします。
  • ・送料は全国一律500円。
  • ・お買い上げ商品代金の合計が10,000円以上で送料無料。

お届け日の目安

営業日の正午12時までに確定したご注文につきましては当日中にご注文商品を出荷させていただきます。

なお、到着ご希望日が数日先に設定されている場合、ご注文の確定(ご入金の確認)がなされていない場合、またご注文内容について何らかの確認をさせていただく必要がある場合などは、上記の出荷に関するお約束に適用されませんのでご理解の程お願い申し上げます。何らかの理由で発送が遅れる場合はその旨ご連絡いたします。

返品・返金について

当店で取り扱うすべての商品で返品・返金に対応させていただきますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。返品をご希望の場合には、商品到着後7日以内に当店宛てにご連絡ください。
詳しくはこちら

送料・配送について

info@nostos.jp
03-5799-7982

公式SNS

運営会社

株式会社NEU(ノイ)
東京都公安委員会許可 第303251508268号
© nostos books All Rights Reserved.