写真集アート・ファッションなどにまつわる写真集をご紹介

それぞれの見たニューヨーク。写真家たちがストリートフォトで捉えたものとは

山田
書いた人:
2017.5.29 写真集
それぞれの見たニューヨーク。写真家たちがストリートフォトで捉えたものとは
自称写真担当・山田です。

写真集は1人の写真家の作品をとことん集める派なのですが、最近、1つの被写体に絞ってさまざまな写真家の作品を観るのも楽しいことを知りました。

その被写体とはニューヨーク 。多くの人が行き交う、激動の街を捉えた写真家が数多くいるのです。これだけ多くの写真家に撮られた街も少ないのでは?人によってフォーカスする場所が違うところがまたおもしろい!ということで、ニューヨークを舞台にした名作ストリートフォトをいくつかご紹介します。



ソール・ライター「Early Black and White」
路上で見つけたさりげないロマンチック

2017年4月29日(祝)から6月25日(日)まで、Bunkamura ザ・ミュージアムで展覧会を開催中のソール・ライター。ドイツの出版社、シュタイデルから出版された「Early Black and White」では、1950年代のニューヨーク・イーストヴィレッジ周辺で撮影したストリートフォトを収録しています。

何を隠そう、イーストヴィレッジはライターが長年住んでいた街。ニューヨークにやってきてから亡くなるまで、約50年もの間、毎日散歩をしてはこの場所を撮っていたのだそう。

時にはふと見つけたすき間から覗くように、時には見下ろして街を俯瞰するように。人、場所、良い構図などイーストヴィレッジの好きなところを一つ知るたびに、それを記録しています。

こちらは「靴磨きの靴」というシリーズから。職人が履く靴はクタクタのボロボロなのですが、もしかすると彼らが磨いた靴よりもピカピカなんじゃないかと思うくらい、輝いて見えるんですよね。ファッションフォトの経験も生かされ、女性の足との対比も美しい1枚。ライターの切り取る一瞬には、さりげないロマンチックが漂っている。

キスのストリートフォトといえばローベル・ドアノーが有名ですが、ライターの場合は少し控えめ。それがまた粋なんだよなあ。

Early Black and White

著者
Saul Leiter
出版社
Steidl
発行年
2015年
ソール・ライターのモノクロ写真集。自宅での友人のポートレートを収めた「インテリア」と路上で撮影した「エクステリア」の2冊組。
ライターは、シュタイデルから2006年に自身初のカラー写真集「Early Color」を出版しています。こちらも「Early Black and White」と同時期に撮影されたものが収録されているのですが、こうして本として世に出るまでには半世紀を要しました。そのいきさつは改めて書きますが、商業的と認識されていたカラー写真がニュー・カラー派の一人、ウィリアム・エグルストンによって芸術として認められる約30年前に、ライターは日々こんなに美しいカラー写真を撮っていたんです。

ソール・ライターの初となるカラー写真集。ファッションフォト、ストリートフォトを収録。
そしてもう一冊、自身初となる日本語写真集が2017年5月に発売となりました。展示会場では品切れになるほどの好評!展示を観に行ったけれど、そのときは売り切れて手に入らなかったという方は、オンラインストアや店頭で再入荷分の予約受注を実施中ですので、ぜひご利用ください。

ソール・ライターの初となる日本語写真集。ファッションフォト、ストリートフォトの他、絵画作品や語録も収録。

ジョエル・マイヤーウィッツ「Wild Flower」
都会に咲く花

ニュー・カラー派を代表する写真家の一人、ジョエル・マイヤーウィッツ。そのカラーに注目されることが多いのですが、瞬間の切り取り方も秀逸です。「Wild Flower」では、まばたきをするように撮りためてきたストリートスナップから、街の中に咲いている花を収めた写真をまとめています。

ny-streetsnap-11 作品の舞台の多くはニューヨークの大通り。こちらの写真はイースター(復活祭)パレードで、花がモチーフの帽子を身に付けた女性を捉えています。なんだかちょっとうきうきした表情。

ny-streetsnap-10 ブロードウェイを通り過ぎる車も見逃しません。車窓を覆うカーテンがボタニカル柄。

ny-streetsnap-14 セント・パトリックスデーの風景。この日は、世界各国がアイルランドのカラーであるグリーンに染まるのだそう。この男性は明らかにお祭りに参加していなさそうですが、人気のない場所でグリーンの花を独り占めするように見入る姿に、かわいらしさを感じずにはいられません。ひっそりとした雰囲気に合わせて、ニューカラーの名手も色味を抑えているところがまたグッとくる。

ny-streetsnap-13 屋根の上に咲く花。でも、日差しを避けようと庇の下を歩くおじさんが、その美しさを知ることはなさそうです。奥のおじさんもガラスで自分のことばっかり見てるし。ちなみに、右の女性のワンピースがお花柄。

ny-streetsnap-21 冒頭の写真は、マンハッタンの四十二番街で花を抱えた男性。花に一切見向きもせず、痛そうにしかめっ面をしている女性が向こうから歩いてきます。あ、「花」と「鼻」、日本語ではうまいことシャレになってるのはわざとなんでしょうか?

「カオスの中に輝きを見つけるのがストリートスナップのおもしろさだ」と語るジョエル・マイヤーウィッツ。忙しく過ぎ去ってゆく時間や都会の喧騒の中にも、美しいものがあるんだと教えてくれます。

Wild Flowers | Joel Meyerowitz ジョエル・マイヤーウィッツ 写真集

Wild Flower

著者
Joel Meyerowitz
出版社
New York Graphic Society Books
発行年
1983年
ニューカラーを代表する写真家/ジョエル・マイヤーウィッツの写真集。自然の中で咲く花だけでなく、インテリアやファッション、入れ墨、装飾、プリントにいたるまで、世界各国で見かけた花のあるシーンを収録。
マイヤーウィッツの代表作と言えば、「Cape Light」。鮮やかなカラー写真なのに、ケープコッドの穏やかな空気感が伝わってくるから不思議。

ジョエル・マイヤーウィッツの代表作。アメリカ・マサチューセッツ州ケープコッドの穏やかな空気を映した写真作品集。
Cape Light | Joel Meyerowitz ジョエル・マイヤーウィッツ 写真集

ウィリアム・クライン「New York」
激動していく街のスピード感

写真家以外にも、デザイナーや画家、映画監督と多彩な才能を持つウィリアム・クライン。写真にタブーとされていたブレやボケを大胆に取り入れ、写真表現の可能性を広げたとして、20世紀を代表する写真家の1人に挙げられます。そんな彼がニューヨークを撮った写真集は、その名も「Yew Nork 1954-1955」。マイヤーウィッツの写真から比べると、正直言って対象がわかりづらく、取り留めのない印象を受けます。

ny-streetsnap-15 ストリートスナップの多くは、「何かを見つけて撮る」が多いと思うのですが、ひたすら無意識の中でシャッターを切り続けている感じ。「ニューヨークを撮っている 」のではなく、「ニューヨークで撮っている 」というか。この撮り方、日本では森山大道が近いんじゃないかと思います。

ny-streetsnap-18 ny-streetsnap-19 そうしてひたすら撮り続けるうちに、街の体質が写真家に憑依していく。では、クラインに憑依したのは何か?というと、激動のニューヨークを流れる空気の速さなんだと思います。ボケやブレ、フレームアウトといった動きのある作風は、奇を衒ったわけではなく、それが写り込んだ結果なんじゃないでしょうか。

ny-streetsnap-20 突如、静寂を纏ったニューヨークの街が現れることも。静と動、お互いが際立つ編集もニクい。
少し汲み取りづらい写真だからこそ、何度も何度も見返したくなる。最初はどこがいいのだろうと思っていたのですが、スルメのように噛めば噛むほど素晴らしさがわかってきて、本として持っておきたい作品だなと思います。

New York, 1954-1955 | William Klein ウィリアム・クライン写真集

Yew Nork, 1954-1955

著者
William Klein
出版社
Marval
発行年
1996年
ウィリアム・クラインの写真集。ブレる被写体、フレーム全体に広がる画面構成など、荒々しく成長する都市ニューヨークを独特のスタイルで記録した代表作。
拠点としていたパリでもストリートフォトを撮っています。さすがデザイナー、ブックデザインもかっこいいんですよね。

主にフランスを活動拠点とするウィリアム・クラインが、パリでの政治運動、デモ、地下鉄、サッカースタジアム等々、初めてカメラを手にした1960年代から撮影してきたストリートスナップを多数収録。
Paris+Klein | William Klein ウィリアム・クライン写真集

ブルース・デヴィッドソン「Subway」
地下鉄に見る都会の闇

今でこそニューヨークの地下鉄はきれいになり、治安も良くなりましたが、1980年代は落書きだらけで、迷惑行為や犯罪が横行していました。そんな最も危険な時代の地下鉄の風景を撮ったのが、マグナム・フォトに所属するブルース・デヴィッドソンです。

日本では考えられない、グラフィティで埋め尽くされた車内の光景。ちなみに、この扉の奥に一人立ってます(幽霊じゃない)。

突然起こる乱闘。密室の中では、「自分は当事者じゃないから」なんて他人事にはできません。私はニューヨークに行ったことがないので、タイムズ・スクエアのような華やかなイメージばかり抱いていたのですが、この写真を見て衝撃を受けました。

赤ちゃんもマッツァオ。

おもむろに写真を撮っていたことを差し引いても、乗客たちの警戒心は異様。そんな緊張感や不穏な空気を表現するかのように、一般的に広告ポスターに使われるダイトランスファー法で過剰なほど鮮やかな発色にプリントされています。

Subway | Bruce Davidson ブルース・デヴィッドソン写真集

Subway

著者
Bruce Davidson
出版社
St Anns
発行年
2003年
マグナム・フォトの一員でアメリカ出身の写真家、ブルース・デビッドソンの写真集。地下鉄のホームや階段、車窓、さまざまな人種や階級が入り乱れる乗客たちなど、1980年代のニューヨークの地下鉄の現状をありのままに写し出す。

ブーギー「It's All Good」
ニューヨークの裏側

ブーギーが撮ったのはニューヨークのブルックリン地区に住むギャングたち。ブルックリンというと、ストランド・ブックスなんかがあったりして最近は観光地として紹介されることも多いのですが、もともとは治安の悪いところ。

彼らが住む住宅街に潜り込めたものの、銃口を向けられることもしばしば。危険と隣り合わせだからこそ引き込まれるし、気を抜けない状況でもこのとんでもなくかっこいい写真を撮ってのける。カメラを通して対峙したときのブーギーの覚悟というか、妙な冷静さがうかがえます。

男たちの身体は傷だらけ。刃物がいつ出てきてもおかしくないような場所なんです。

ドラッグも蔓延しています。目の前で吸い始めたかと思ったら、一緒に吸うよう強要されることもあったとか。一つ言い方を間違えば命取りなのに、「ドラッグ うまい断り方」でググる暇もない。。

ドラッグ、そしてセックス。その果てに次々と生まれる新たな生命。小さな子どもたちもここにたくさん暮らしていますが、正直環境は良いとは言えません。今、私たちが生きている場所とは違う世界を写真が教えてくれます。

Its All Good | Boogie ブギー写真集

It's All Good

著者
Boogie
出版社
powerHouse Books
発行年
2006年
ストリートフォトグラファー、ブギーの初写真集。ブルックリンの住民や、ギャング・麻薬密売人・麻薬中毒者等にもカメラを向け、ストリートのリアルを捉えている。
ブギーの写真集。拳銃を手にする子どもや道を塞ぐ警官の群れ、荒れた街並など、1994年以降に撮影されたブルックリンのストリートスナップを収録。
Belgrade Belongs to Me | Boogie ブギー写真集
他にもニューヨークを拠点にしている写真家を知りたい方は、映画「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」がオススメですよ。

決して長いとは言えない歴史の中で、大きく変化してきたニューヨーク。撮られた時代の背景も読み合わせていくと、一層写真を楽しく鑑賞できると思います。近いうちに自分の目でこれら作品たちが生まれた街を見てみたい(ブルックリンは遠慮しとくけど!)。
他にも写真家たちの個性が光るストリートフォトがたくさんありますので、ぜひ特集「路上の観察者たち」をご覧ください。

こちらのコンテンツもおすすめです。

The New Color Photography
特集コンテンツ
The New Color Photography
ウィリアム・エグルストン、スティーブン・ショア、ジョエル・スタンフェルド...etc。彼らが目を向けたなんの変哲もない日常、あるいは旅先で出会ったありふれた風景などを切り取った作品群は、不思議と見る者を惹きつけます。
特集コンテンツ
写狂人・荒木経惟
レンズの向くまま本能の向くまま、シャッターを押し続けて半世紀。真摯で不真面目、それでいて愛情にあふれたアラキワールドをご堪能ください。
表情豊かな夜を閉じ込めた写真集。深夜の散歩に出かけませんか?
スタッフ日記 | おすすめ書籍
表情豊かな夜を閉じ込めた写真集。深夜の散歩に出かけませんか?
電車やバスに乗らずに数駅分を歩くだけで、街は昼間とは異なる顔を見せてくれます。そんな表情豊かな夜の風景と空気を閉じ込めた写真集を集めてみました。
スタッフ日記 | おすすめ書籍
写真集を通して出会う音楽 5選
ご好評いただいている「本と音楽」ブログ、僭越ながら今回は山田が書かせていただきます。テーマは「写真から入る音楽」。
山田
コンテンツ編集長として、ブログやイベントなどの企画・編集を行なっています。好きなジャンルは写真と音楽、カルチャー。特にアラーキーが大好きです。アレン・ギンズバーグの「HOWL」キャップを被っている古着女子を見つけたら、それはわたし。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマークに追加

この記事をシェアする

ニュースレターご登録はこちら
最新の入荷情報や展示イベント、おトクなキャンペーンなどをニュースレターでいち早くお届けします。詳しくはこちら

送信内容を確認後、チェックを入れてください

お支払い方法について

  1. クレジットカード決済

    VISA、MasterCard、JCB、Amex、Dinersがご利用いただけます。分割払いも可能です。
  2. コンビニ決済

    ご注文後、発行される払込番号をコンビニにお持ちいただきお支払いください。手数料は無料です。
  3. 後払い決済

    お支払前に商品を発送いたします。別送の請求書をお近くのコンビニ・郵便局・銀行にお持ちいただき、お支払いください。手数料として別途250円を頂戴いたします。
  4. 代金引換決済(着払い)

    到着時にドライバーに現金でお支払いください。手数料として別途350円を頂戴いたします。
  5. その他、銀行振込、Paypal決済もご利用いただけます。
    詳しくはこちら

送料・配送について

  • ・日本郵便ゆうパックにてお送りいたします。
  • ・送料は全国一律500円。
  • ・お買い上げ商品代金の合計が10,000円以上で送料無料。

お届け日の目安

営業日の正午12時までに確定したご注文につきましては当日中にご注文商品を出荷させていただきます。

なお、到着ご希望日が数日先に設定されている場合、ご注文の確定(ご入金の確認)がなされていない場合、またご注文内容について何らかの確認をさせていただく必要がある場合などは、上記の出荷に関するお約束に適用されませんのでご理解の程お願い申し上げます。何らかの理由で発送が遅れる場合はその旨ご連絡いたします。

返品・返金について

当店で取り扱うすべての商品で返品・返金に対応させていただきますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。返品をご希望の場合には、商品到着後7日以内に当店宛てにご連絡ください。
詳しくはこちら

送料・配送について

info@nostos.jp
03-5799-7982

公式SNS

運営会社

株式会社NEU(ノイ)
東京都公安委員会許可 第303251508268号
© nostos books All Rights Reserved.