カルチャー音楽・映画・ファッションなど、カルチャーにまつわる書籍をご紹介

祝復刊!スタジオボイスのバックナンバー取扱中です。

山田
書いた人:
2016.5.17 カルチャー
山田です。

オリーブ、リラックスに続いて、とうとうスタジオボイスも復刊しましたね。5年前まで「カルチャー」なぞとは縁遠いど田舎に住んでいた自分にとっては、いずれも復刊のニュースで初めて知った伝説のカルチャー誌たち。都会の方たちはこういう雑誌からトレンドを知っていたんですね。

世代の違いもあるんだろうけど、地域的な格差を感じずに入られない……。最も早い通信手段はご近所の口コミ、コミュニティは学校くらいしかなかったですから。

ノストスブックスでは、これら3誌のバックナンバーを店頭にて取扱中です。
そこで今回は、スタジオボイスのバックナンバーを一部ご紹介したいと思います。



studiovoice1 1999年6月号、vol.282「トーキョーデザイン」特集。
特集扉は原宿ラフォーレのグランバザールに合わせて制作されたヴィジュアルデザイン。かっこいいなあ。発売当時の山田が最もよく目にしていたものはというと、近所のスーパーのチラシでした。田舎では、こんなにクリエイティビティの高いグラフィックデザインに触れることなんてなかった……。もう少し早く東京に出られていたら、安い野菜を買うこと以外の喜びを知れたんだろうな。

studiovoice2 2002年2月号、vo.314「グラフィティの未来系」特集。
地元ではなかなかグラフィティに遭うことがなかったので、バンクシーやバスキアを知ったのも実はここ数年。田舎で都会のグラフィティに置き換わるものは、きっと車の改造やデコレーションだったんだと思います。それに、辺りは田畑ばっかりで建造物が少なかったから、まず壁がない。。

studiovoice3 studiovoice7 2000年9月号、vol.297「Honey Painting 絵とともにあるエネルギー」特集。
ヘンリー・ダーガー奈良美智、テリーこと湯村輝彦など。特にヘンリー・ダーガーは、誰に見せるわけでもなく、エネルギーをぶつける手段として絵や物語をかき続けていたのだとか。ちなみに私は13年間水泳に打ち込んでいました。肩幅が広くていかり肩だったので、一時期ニックネームが「冷蔵庫」でした。

studiovoice4 studiovoice5 studiovoice6 vol.365「プロダクト・デザインの現在」特集。
親がとてつもなくマシンに弱いので、20歳まで家のインターネットがダイヤルアップでした。わずか5年前のことです。工業高専に通っていたから自分のパソコンは持っていたけれど、学校に行かないと満足にインターネットが使えない。でもなぜか、小学校のときからケータイを持っていて、ガラケーを6,7台替えてたんですよね。iPhoneがここまで普及する前、国内メーカーが造ったケータイこそがデザインの最先端を知ることのできるものだったように思います。

studiovoice9 studiovoice8


あらゆるものをファッションの視点で切り取る最新号「is Fashion」もおもしろかったです。写真家/マイケル・アヴェドンの祖父リチャード・アヴェドンユルゲン・テラーウィリアム・エグルストンなど、今号で紹介されているアーティストの作品集も揃えているので、バックナンバーと併せてご覧ください。


寺山修司の本
特集コンテンツ
寺山修司の本 言葉の錬金術師と呼ばれた男
あるときは暴力的ともいえるほどの強い響きを、またあるときは自由で飄々とした佇まいを言葉にのせ、文学、思想、映画、演劇などあらゆるジャンルに斬り込んだ寺山修司。その鮮烈な作品群と関連書籍を集めました。
1980年代のデザインとカルチャー:嗚呼、愛しの80s!
特集コンテンツ
1980年代のデザインとカルチャー:嗚呼、愛しの80s!
個性的なデザイン、ローファイだけど心を鷲掴む音楽、ポップでクレイジーなファッション...etc。2周以上回ってなおも愛おしい、1980年代のデザインとカルチャーにまつわる書籍を特集します。
想像力を鍛えよう。情報の渦に飲み込まれずに生きるには?
スタッフ日記 | おすすめ書籍
想像力を鍛えよう。情報の渦に飲み込まれずに生きるには?
目が驚く世界。情報過多の現代において、想像力を養い、人生をより面白くさせるための一冊をご紹介。
スタッフ日記 | おすすめ書籍
写真集を通して出会う音楽 5選
ご好評いただいている「本と音楽」ブログ、僭越ながら今回は山田が書かせていただきます。テーマは「写真から入る音楽」。
山田
コンテンツ編集長として、ブログやイベントなどの企画・編集を行なっています。好きなジャンルは写真と音楽、カルチャー。特にアラーキーが大好きです。アレン・ギンズバーグの「HOWL」キャップを被っている古着女子を見つけたら、それはわたし。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマークに追加

この記事をシェアする

ニュースレターご登録はこちら
最新の入荷情報や展示イベント、おトクなキャンペーンなどをニュースレターでいち早くお届けします。詳しくはこちら

送信内容を確認後、チェックを入れてください

お支払い方法について

  1. クレジットカード決済

    VISA、MasterCard、JCB、Amex、Dinersがご利用いただけます。分割払いも可能です。
  2. コンビニ決済

    ご注文後、発行される払込番号をコンビニにお持ちいただきお支払いください。手数料は無料です。
  3. 後払い決済

    お支払前に商品を発送いたします。別送の請求書をお近くのコンビニ・郵便局・銀行にお持ちいただき、お支払いください。手数料として別途250円を頂戴いたします。
  4. 代金引換決済(着払い)

    到着時にドライバーに現金でお支払いください。手数料として別途350円を頂戴いたします。
  5. その他、銀行振込、Paypal決済もご利用いただけます。
    詳しくはこちら

送料・配送について

  • ・日本郵便ゆうパックにてお送りいたします。
  • ・送料は全国一律500円。
  • ・お買い上げ商品代金の合計が10,000円以上で送料無料。

お届け日の目安

営業日の正午12時までに確定したご注文につきましては当日中にご注文商品を出荷させていただきます。

なお、到着ご希望日が数日先に設定されている場合、ご注文の確定(ご入金の確認)がなされていない場合、またご注文内容について何らかの確認をさせていただく必要がある場合などは、上記の出荷に関するお約束に適用されませんのでご理解の程お願い申し上げます。何らかの理由で発送が遅れる場合はその旨ご連絡いたします。

返品・返金について

当店で取り扱うすべての商品で返品・返金に対応させていただきますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。返品をご希望の場合には、商品到着後7日以内に当店宛てにご連絡ください。
詳しくはこちら

送料・配送について

info@nostos.jp
03-5799-7982

公式SNS

運営会社

株式会社NEU(ノイ)
東京都公安委員会許可 第303251508268号
© nostos books All Rights Reserved.