デザイングラフィックやタイポグラフィなど、デザインにまつわる書籍をご紹介
2016.5.3 デザイン

アール・デコと日本の伝統的パッケージデザイン。趣を凝らした造形とアイデアの数々

package_50
こんにちは、石井です。

パッケージデザインといえば、どんなものを思い浮かべますか?あたりを見渡せば様々なすがたの包装物が目にはいると思います。華やかでエレガントなデザインでパッケージングされた化粧品やお菓子。ペーパーボックスやファンシーでキラキラした包装紙にくるまれた特別な贈り物。機能性と耐久性と親しみやすさを兼ね備えた大衆商品。

パッケージデザインは多くの可能性を秘めていると同時に、経験や技量を要求される仕事。なぜなら、グラフィックデザイン、イラストレーション、タイポグラフィ、素材についての知識、予算、消費者心理などが合わさってはじめて完成するものだから。作り手はほんとうに大変です。

そこで本日はヨーロッパのアール・デコと日本の伝統的なパッケージデザインを軸に、古今東西の包装物を編纂した書籍たちをご紹介したいと思います。



アール・デコのパッケージ

package_10

アール・デコのパッケージ

著者
木村勝
出版社
六耀社
発行年
1986年
19世紀初頭に流行したアール・デコの斬新かつ華やかでキッチュなパッケージの数々を編纂。
1920年代に華開いたアール・デコはパリ・ニューヨークを中心に、世界の建築、美術、ファッションなどに影響を与えました。当然、ひとびとの暮らしに密着した生活用品のパッケージデザインも大きな進化を遂げたのです。ヨーロッパではアドルフ・ムーロン・カッサンドルやポール・コランが活躍し、日本では杉浦非水がモダンなデザインのパッケージやポスターを生み出しました。

package_01 宝石のように彩り豊かなフェイス・パウダーのパッケージ。写真複製の技術が未熟な時代なので、イラストレーションによる表現が主流です。化粧品というより、美しくなれる魔法の粉といった趣ですね。日本でいちはやくアール・デコのデザインをパッケージや広告に取り入れ、女性へ向けてアプローチしたのは資生堂でした。

こちらもおすすめ
資生堂の初代社長にして写真家でもある、福原信三の図録。自身の写真作品のほか、コレクションの美術品をカラーとモノクロで多数収録。また、資生堂商品のパッケージや広告デザイン、店舗デザインなども併せて掲載。
package_04 煙草のパッケージは紙製の函だけではなく、ブリキ缶のものも。

こちらもおすすめ
日本の記念・観光たばこデザインを振り返る図録シリーズ、第2巻。昭和44年から昭和46年までに発行された記念たばこ、意匠替えたばこ、観光たばこ、広告つきたばこの多種多様なパッケージデザインを掲載。
package_03 メタリックな紙とデコラティブなデザインがマッチしているチョコレートの包装紙。

package_02 コーヒーや紅茶は装飾を施された缶に詰めて。書体の組み合わせ方がとても参考になります。輸送時のスタッキングを念頭に入れたプロダクトデザインも既にこの頃からはじまっていたのですね。

アールデコのパッケージデザインにまつわる書籍は意外と少ないなか、大判サイズで200点以上のパッケージを掲載している本書は、デザインの参考資料としてかなりおすすめです。著者・木村勝自身もパッケージデザインの第一人者。氏の手がけたパッケージデザイン作品集も合わせてどうぞ。

こちらもおすすめ
パッケージデザインのみならず、CIデザイン、商品開発などあらゆる分野で活躍しているデザイナー/アートディレクター、木村勝の作品集。

包 TSUTSUMU

package_11

包 TSUTSUMU

著者
岡秀行
出版社
毎日新聞社
発行年
1976年
日本の伝統パッケージ・包装を特集した写真集。
日本における伝統的なパッケージングは他に類のない美事さがあります。自然の素材、折り目正しさ、知恵と工夫、手先の器用さ、洒落の精神。包むという行為には、はるか昔から受け継がれてきた日本特有の価値観が凝縮されています。

package_05 東北の農村から生まれた暮しの知恵の結晶、米作りの廃物であるわらを再利用した包装。細工の巧みさはもちろん、通気性、運搬性、内容検査の容易さなど、完璧なパッケージと言えるのではないでしょうか。ちなみに運搬後のわらは燃料として使用していました。パーフェクト!

package_06 左は祝い事の酒容器。右は祝儀・不祝儀袋。めでたい時もそうでない時も、「こころ」を包もうとするのが日本人の心理。この精神はすべての伝統パッケージのかなめでもあります。

package_07 京都の鱧すし。丸竹を割って身と蓋に利用した、洗練のミニマム包装。

package_08 ちまきなど、笹を使用したパッケージいろいろ。
おいしく、見た目美しく、香り豊かな欲張り仕様。

package_09 京菓子のパッケージ。染紙や空押し加工など、さりげなくも風格を感じるあしらい。そしてここにも季節が生きています。

こうして脈々と受け継がれてきた伝統的なパッケージデザインの精神や技術は、かたちを変え進化しながら現代へつながっていきます。もしパッケージデザインに悩んだら、「こころを包む」という原点に立ち返ってみてはいかがでしょうか。ご先祖さまたちの粋で豊かなアイデアや、大いなる知恵が助けになってくれるかもしれません。

こちらもおすすめ
森永のキャラメル、はごろもフーズの缶詰などのパッケージデザインを手掛けた初代日本パッケージ・デザイン協会理事長、高橋満寿男の作品集。
package_18
こちらもおすすめ
原研哉と佐藤卓によるパッケージデザイン作品集。ウイスキーボトル、缶コーヒー、化粧品など、身近でありながらシンプルで作品性の高いパッケージをカラーで多数掲載。
ノストスブックスでもブックカバーやギフト用のラッピング包装紙をつくりたいなあ、と思い続けて気づけばもうすぐ3年。サイズがバラバラの本というプロダクトを素敵に包むには、どんなデザイン・どんな素材が最適なのでしょうか。こうしてノストススタッフの次なる奮闘がはじまるのです。 こちらのコンテンツも合わせてどうぞ。

時代とともに進化した資生堂スタイル。先駆者たちが築き上げたデザインの歴史。
スタッフ日記 | おすすめ書籍
時代とともに進化した資生堂スタイル。先駆者たちが築き上げたデザインの歴史。
「美」の追求を創業の時代から今日まで続けている稀有な企業、資生堂が展開してきた広告表現とは。

スタッフ日記 | おすすめ書籍
資生堂、西武、パルコなどが展開したグラフィックデザイン。昭和の企業広告を振り返る。
資生堂、西武、パルコなど日本の企業が展開した、刺激的なデザインの広告集をご紹介。

スタッフ日記 | おすすめ書籍
デザインのアイデアソース満載!過去のグラフィックアーカイブを活用しよう
グラフィック情報誌「アイデア」のバックナンバーから、海外のタイポグラフィやグラフィックを特集した号をピックアップ
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマークに追加

この記事をシェアする

ニュースレターご登録はこちら
最新の入荷情報や展示イベント、おトクなキャンペーンなどをニュースレターでいち早くお届けします。詳しくはこちら

送信内容を確認後、チェックを入れてください

お支払い方法について

  1. クレジットカード決済

    VISA、MasterCard、JCB、Amex、Dinersがご利用いただけます。分割払いも可能です。
  2. コンビニ決済

    ご注文後、発行される払込番号をコンビニにお持ちいただきお支払いください。手数料は無料です。
  3. 後払い決済

    お支払前に商品を発送いたします。別送の請求書をお近くのコンビニ・郵便局・銀行にお持ちいただき、お支払いください。手数料として別途250円を頂戴いたします。
  4. 代金引換決済(着払い)

    到着時にドライバーに現金でお支払いください。手数料として別途350円を頂戴いたします。
  5. その他、銀行振込、Paypal決済もご利用いただけます。
    詳しくはこちら

送料・配送について

  • ・日本郵便ゆうパックにてお送りいたします。
  • ・送料は全国一律500円。
  • ・お買い上げ商品代金の合計が10,000円以上で送料無料。

お届け日の目安

営業日の正午12時までに確定したご注文につきましては当日中にご注文商品を出荷させていただきます。

なお、到着ご希望日が数日先に設定されている場合、ご注文の確定(ご入金の確認)がなされていない場合、またご注文内容について何らかの確認をさせていただく必要がある場合などは、上記の出荷に関するお約束に適用されませんのでご理解の程お願い申し上げます。何らかの理由で発送が遅れる場合はその旨ご連絡いたします。

返品・返金について

当店で取り扱うすべての商品で返品・返金に対応させていただきますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。返品をご希望の場合には、商品到着後7日以内に当店宛てにご連絡ください。
詳しくはこちら

送料・配送について

info@nostos.jp
03-5799-7982

公式SNS

運営会社

株式会社NEU(ノイ)
東京都公安委員会許可 第303251508268号
© nostos books All Rights Reserved.