カルチャー音楽・映画・ファッションなど、カルチャーにまつわる書籍をご紹介
2016.5.4 カルチャー

ガロ20年史からひも解く、めくるめく実験的漫画の世界

ガロ20年史からひも解く、めくるめく実験的漫画の世界
こんにちは、石井です。

GWも後半ですね。みなさまどこか遊びに行かれていますか?家でのんびりしていますか?それともお仕事?石井は元気にフル出勤です。仕事は楽しいのでなんにも問題はございません。でも、もし、もしもですよ?3連休が2回連続で手に入っちゃったとしたら。前半はどこかに外出するとして、後半は全身全霊をかけてダラけたい。ふとんの中でひたすら漫画を読んで、スマホも見ずに、一歩も外に出ずに1日を終えたい。動かざること山のごとく。

というささやかな夢をあたまの中で膨らませていたところ、妄想が止まらなくなったので、本日は漫画にまつわる書籍をセレクトしてみました。1960年代から様々な異才を発掘し輩出してきた、伝説の漫画雑誌「ガロ」を中心におおくりします。



木造モルタルの王国 ガロ20年史

garo_15

木造モルタルの王国 ガロ20年史

出版社
青林堂
発行年
1984年
1964年から2002年まで刊行された漫画雑誌「ガロ」の20周年記念アーカイヴ。
「月刊漫画ガロ」は1964年に生まれ、2001年に休刊するまでのあいだ、日本のサブカルチャーを牽引したオルタナティブ・コミック誌。まるで百科事典のようにぶ厚い本書は、常に独創的な新人を発掘し続けたガロの20年を振り返るアーカイブです。白土三平、水木しげる、つげ義春、花輪和一、佐々木マキ、赤瀬川原平など、総勢80名を超える作家陣の短編漫画を掲載。表題は糸井重里、装丁は羽良多平吉が手がけています。

それでは、本書に掲載されているなかから「ガロ」でデビューした作家を中心に、その作品と関連書籍とひも付けながらご紹介したいと思います。

garo_07 garo_08 佐々木マキ「ぼくのデブインコちゃん」より。

いまでは村上春樹の著作の表紙画や、絵本作品で知られる佐々木氏。デビューは1966年の「ガロ」でした。夢見心地で先の読めない、超現実的で実験的な作風が光っています。

「月刊漫画ガロ」出身の絵本作家・イラストレーター/佐々木マキによる漫画作品集。「天国でみる夢」ほか、13篇の初期作品を掲載。
garo_02


garo_09 赤瀬川原平「おざ式」より。

タイトルから察することができるように、原稿がまったく進んでいないのに掲載予告を打たれてしまった著者が、苦肉の策として描き上げた(風の)パロディが散りばめられた作品。こういった変化球というか、魔球的な作品が飛び交うのも「ガロ」ならでは。

garo_10 1960年代には「ハイレッド・センター」などの前衛芸術活動をはじめ、1970年は「櫻画報」など独自の批評を盛り込んだイラスト作品を展開した赤瀬川原平。朝日ジャーナルで当時連載されていた「櫻画報」は持ち前のパロディ精神と風刺を効かせすぎた結果、回収・休刊事件に発展。「櫻画報」はのちに「ガロ」で復活を果たし、水を得た魚のように活き活きと社会をぶった斬り続けます。

1970年代に「朝日ジャーナル」や「ガロ」に掲載された赤瀬川原平の漫画「櫻画報」のアーカイヴ集。「アルバム櫻画報史」、「野次馬画報」、「略式櫻画報」などを掲載。
garo_03
赤瀬川氏の巻き起こした騒動は枚挙にいとまがありません。有名なのは「千円札裁判」ですね。発表した作品が通貨及証券模造取締法違反に問われ、多くの文化人・メディア・法廷を巻き込んだ裁判の経緯は「オブジェを持った無産者」にまとめられています。ご興味あるかたはぜひ。

芸術家であり、文筆家としても知られる赤瀬川原平の自伝的作品。
garo_01


garo_11 garo_12 糸井重里と湯村輝彦の共作漫画「ペンギンごはん」より。

表紙画を長く担当したこともあり、「ガロ」の顔として湯村氏の絵を記憶しているかたも多いのでは。ナンセンスとヘタウマブームの引き金となった名作です。バイオレンスでパンクなペンギン。憎さあまってかわいさ100倍。

イラストレーター・湯村輝彦の作品集。「ガロ」の表紙、糸井重里「情熱のペンギンごはん」など、広告や雑誌・書籍に提供したイラスト作品を多数掲載。
garo_04


garo_13 garo_14 ますむらひろし「再会」より。

宮沢賢治の童話や、ファンタジックで透明感のある絵柄のイメージが定着しているますむらひろしも、実は「ガロ」出身。初期の作品はよりダークな趣き。絵柄の可愛らしさと、ときどき陰鬱な空気をかもし出すストーリーの対比が好きです。

漫画家、ますむらひろしの絵本。人と猫が言葉を交わす空想世界を舞台に、主人公である猫のヒデヨシの冒険を描く。
garo_06


創刊当時は規定の作家数を埋めるために水木しげるが複数の名義で投稿したり、所在がわからなくなってしまったつげ義春に「連絡乞う」と誌面で呼びかけたりと、エピソードにはことかかない「ガロ」。

そんな「ガロ」の歴史は経営難との戦いでもあります。販売部数が落ち込み原稿料が払えなくなっても作品を発表し続ける作家たちと、根強いファンたちに支えられて「ガロ」は生き延び続けました。ここまで狭く、そして深く愛された漫画雑誌は他にないのでは。その理由を知りたいかたには、ガロが産み育てたガロリストたちによるコメント集「ガロ曼陀羅」がおすすめです。

多種多様な作家や関係者が「ガロ」に寄せた書き下ろしの文をまとめたもの。そのほか、創刊号から本書発刊当時までの全表紙や、「ガロ」掲載全作品リストなども併せて収録。
garo_05
冒頭のはなしに戻りますが、もし引きこもれるなら、オーナー中野に借りている「風雲児たち」とiBooksで大人買いした「達人伝」を読破したいです。歴史好きなら、両作品ともぜひおためしあれ!

ああ、漫画の海で溺れたい。 こちらのコンテンツもあわせてどうぞ。

タイガー立石の超絶多次元世界。ここは宇宙の果てか、重箱の隅か
スタッフ日記 | おすすめ書籍
タイガー立石の超絶多次元世界。ここは宇宙の果てか、重箱の隅か
本日はひとりの画家とその作品集にフォーカスを当てて紹介したいと思います。その名はタイガー立石。またの名を立石大河亞。

スタッフ日記 | おすすめ書籍
創造的なパワーあふれる、アングラ演劇をめぐるポスター表現 5選
初期衝動と実験精神に満ちた、小劇場演劇をめぐるグラフィックデザインや写真にまつわる書籍をご紹介します。

スタッフ日記 | おすすめ書籍
好き好き大好き。戸川純と80年代ポップ・カルチャー
カルト的な人気をほこる歌手であり女優・戸川純の魅力をさらに掘り下げられる書籍を動画をまじえながらご紹介

おんなを描くことにこだわった天才絵師・上村一夫の世界
スタッフ日記 | おすすめ書籍
おんなを描くことにこだわった天才絵師・上村一夫の世界
どこか心に残る絵を描く漫画家といえばこの人、ということで天才絵師・上村一夫をご紹介します。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマークに追加

この記事をシェアする

ニュースレターご登録はこちら
最新の入荷情報や展示イベント、おトクなキャンペーンなどをニュースレターでいち早くお届けします。詳しくはこちら

送信内容を確認後、チェックを入れてください

お支払い方法について

  1. クレジットカード決済

    VISA、MasterCard、JCB、Amex、Dinersがご利用いただけます。分割払いも可能です。
  2. コンビニ決済

    ご注文後、発行される払込番号をコンビニにお持ちいただきお支払いください。手数料は無料です。
  3. 後払い決済

    お支払前に商品を発送いたします。別送の請求書をお近くのコンビニ・郵便局・銀行にお持ちいただき、お支払いください。手数料として別途250円を頂戴いたします。
  4. 代金引換決済(着払い)

    到着時にドライバーに現金でお支払いください。手数料として別途350円を頂戴いたします。
  5. その他、銀行振込、Paypal決済もご利用いただけます。
    詳しくはこちら

送料・配送について

  • ・日本郵便ゆうパックにてお送りいたします。
  • ・送料は全国一律500円。
  • ・お買い上げ商品代金の合計が10,000円以上で送料無料。

お届け日の目安

営業日の正午12時までに確定したご注文につきましては当日中にご注文商品を出荷させていただきます。

なお、到着ご希望日が数日先に設定されている場合、ご注文の確定(ご入金の確認)がなされていない場合、またご注文内容について何らかの確認をさせていただく必要がある場合などは、上記の出荷に関するお約束に適用されませんのでご理解の程お願い申し上げます。何らかの理由で発送が遅れる場合はその旨ご連絡いたします。

返品・返金について

当店で取り扱うすべての商品で返品・返金に対応させていただきますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。返品をご希望の場合には、商品到着後7日以内に当店宛てにご連絡ください。
詳しくはこちら

送料・配送について

info@nostos.jp
03-5799-7982

公式SNS

運営会社

株式会社NEU(ノイ)
東京都公安委員会許可 第303251508268号
© nostos books All Rights Reserved.