アート作品集や美術展図録など、アートにまつわる書籍をご紹介

シュルレアリスム・ワンダーランド!画家たちが夢見た超現実世界

石井
書いた人:
2016.4.6 アート
シュルレアリスム
こんにちは、石井です。

先日の「ダダイズムの世界」に続きまして、本日は「シュルレアリスム 」をテーマにお送りします。

日本語では「超現実主義」と訳される「シュルレアリスム」。そもそものはじまりは、詩人/アンドレ・ブルトンが「シュルレアリスム宣言・溶ける魚」を発表し、思想としての定義付けをする以前に遡ります。

第一次世界大戦を体験し、疲弊した年若い芸術家たちは、戦後当然のように押し付けられた秩序に混乱・反発し、新しい世界観を求めるようになりました。シュルレアリスムの根幹をなすものは、「希薄な目の前の現実ではなく、理性がコントロールしえぬ『真の現実(超現実)』に触れる体験」そのものだったのです。自動筆記やコラージュなどの実験的な試みがパリを中心にさかんにおこなわれ、その影響は各地の文学・芸術家の間に瞬く間に拡がり、やがてアンドレ・ブルトンの手によって概念化され、シュルレアリスム運動が発足しました。

初期のシュルレアリスム運動はダダの後を追うように発生し、マックス・エルンストやマン・レイらをはじめとする多くの芸術家は当初ダダに属していました。シュルレアリスムとダダは思想的にはまったく異なるものではあるものの、登場人物が入り乱れていて、うーん、ややこしい。でも面白い。攻撃的で熱いダダ、抽象的で変幻自在なシュルレアリスム。共通項は反骨精神。両方惹かれます。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回はシュルレアリスム運動の中でも芸術サイド、主に絵画に焦点をあてた書籍をご紹介します。



ダリとガラの愛のかたち

Wines of Gala

Wines of Gala

著者
Salvador Dali
出版社
Harry N. Abrams
発行年
1978年
サルバドール・ダリの作品集。妻・ガラの名を冠したシリーズうち、祝祭とワインをテーマに編纂した1冊。
まずはスペインの画家、サルバドール・ダリの大判作品集。妻であり、芸術家としてのミューズでもあったガラの名を冠したシリーズのうちの1冊です。祝祭とワインをテーマに編纂されたペインティングとドローイング作品が収録されています。

サルバドール・ダリ サルバドール・ダリ シュルレアリスムを代表する画家として知られているダリですが、卓越した技巧力と人気が災いし、約10年所属していたシュルレアリスト・グループから追放されていたりもします。様式美や商業主義を嫌悪するシュルレアリストらしいリアクションとは思うものの、少々お気の毒。

サルバドール・ダリ サルバドール・ダリ アカデミックな技法や奇抜なパフォーマンスを行うアーティストとしてのイメージが先行しがちな画家・ダリ。その内面を覗いてみたいという方には、自身が自身に語りかけるエッセイ集「ダリとダリ」をどうぞ。

ポール・デルヴォーの王国

ポール・デルヴォー

ポール・デルヴォー

著者
アントワーヌ・テラス
出版社
河出書房新社
発行年
1974年
「骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書」第5巻、ポール・デルヴォーの作品集。
独特の女性像、そして奇妙でどこかノスタルジックな世界観を持つ作風で知られる画家、ポール・デルヴォーの作品集。ルネ・マグリットと並び、ベルギーを代表する画家です。

ポール・デルヴォー ページをめくると広がる、夢と現実を行き来するかのような世界。
宗教画のようでもあり、ルネサンス後期マニエリスムの絵画のようでもある構図が目を引きます。

ポール・デルヴォー 建築を学んだ経緯もあり、建造物や樹木などを利用した透視画法(遠近法)が多用されているのも特徴的。

ポール・デルヴォー こちらの「骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書」シリーズは、シュルレアリスムと関係の深い芸術家たちを1冊ずつ丁寧に紹介しています。

イメージの錬金術

Max Ernst Collagen

Max Ernst Collagen

著者
Max Ernst
出版社
Koln
発行年
1988年
マックス・エルンストの作品集。
ダダを経て、シュルレアリスムへ移行した画家/マックス・エルンストは、コラージュ、ペインティング、ドローイングなど幅広い技法を取り入れたドイツ出身の芸術家。本書はコラージュ作品を中心に、膨大な数の絵画作品を収録した大判作品集です。

マックス・エルンスト コラージュとは、既存の印刷物や写真、または布などを貼り合わせる絵画技法のこと。誰にでもできる手作業ではありますが、エルンストの場合はひと味違います。制作者の主観や意図を存在させず、本来無関係だった素材同士が思いがけない世界を作りだす、偶然性に重きを置きました。つまり、無意識下の自動筆記状態で制作するというもの。初期のシュルレアリストたちがもとめた「理性のコントロールを離れた超現実」につながります。

マックス・エルンスト ユーモアや遊び心に満ちているように思えるエルンストのコラージュ。ググっと引きこまれたり、くすくす笑いが生まれたり、鑑賞者をいつまでも楽しませてくれます。

マックス・エルンスト マックス・エルンスト さらに、エルンストは版画と文字を組み合わせた「百頭女」「慈善週間 または七大元素」「カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢」というコラージュ小説3部作も遺しています。小説といっても、そこは筋金入りのシュルレアリスト。自由気ままに、文字と絵が踊ります。

ヤン・シュヴァンクマイエル:日本のおばけに出会う

怪談:ヤン・シュヴァンクマイエル

怪談

著者
ラフカディオ・ハーン、ヤン・シュヴァンクマイエル
出版社
国書刊行会
発行年
2011年
小泉八雲の「怪談」にヤン・シュヴァンクマイエルが絵を添えたビジュアルブック。
こちらもコラージュ作品集。チェコスロバキア生まれの芸術家/ヤン・シュヴァンクマイエルが、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の「怪談」に絵を添えた異色の絵本です。「怪談」は日本に古くからつたわる伝説や古典文学を、小泉八雲が再構築した怪奇短編小説集。「耳なし芳一のはなし」「ろくろ首」「雪おんな」など、ご存知の方も多いのでは。

ヤン・シュヴァンクマイエル シュヴァンクマイエルの手によって、ヨーロッパの絵画に日本の伝統的な妖怪画や幽霊画が貼り合わされ、和洋折衷で不思議な世界が展開されています。シュルレアリスム的な言い回しをすると、これもきっと偶然の出会いがなせる業。

ヤン・シュヴァンクマイエル ヤン・シュヴァンクマイエル 西洋の暮らしにすっかり溶け込んでいる日本のおばけたち。人のかたちをしているけれど、人ではない何かがすぐ隣に潜んでいることに、作中の人びとは気づいているのでしょうか?

澁澤龍彦とシュルレアリスム

澁澤龍彦 幻想美術館

澁澤龍彦 幻想美術館

著者
巖谷國士
出版社
平凡社
発行年
2007年
澁澤龍彦の没後20年を機に開催された展覧会の図録。
学生時代から美術に精通し、シュルレアリスムの動向にも通じていた仏文学者・澁澤龍彦。仏文学のみならず、シュルレアリスムの系譜につらなる海外の芸術家を積極的に紹介したことでも知られています。本書は澁澤龍彦の蒐集したコレクションを中心に置き、美術に対する興味関心と人生を比較・関連させながら、彼の生涯を包括的に描き出した名著です。

澁澤龍彦 幻想美術館 写真は鎌倉の澁澤邸居間。系統立ててコレクションされているわけではないのに、美術品、自然の創りだした造形物、工芸品などが不思議な調和を作り出しています。まるで大航海時代の西洋諸国でさかんにつくられた「驚異の部屋(ヴンダーカンマー)」ですね。博物誌好きにはたまらない空間。

澁澤龍彦 幻想美術館 シュルレアリスムにまつわる芸術の中でも澁澤氏が特に愛したのは、前述のポール・デルヴォーをはじめ、レオノール・フィニ、ハンス・ベルメール、マックス・ワルター・スワーンベリなど、当時の日本ではあまり知られていなかった芸術家たち。現代でこそ彼らの知名度は上がっておりますが、澁澤氏の功績によるところも大きいのかもしれません。

澁澤龍彦 幻想美術館 澁澤龍彦 幻想美術館 本書は幼年時代、暗黒舞踏、マニエリスムを中心とする西洋美術、シュルレアリスム、日本の幻想美術、博物誌などのテーマに分けて編纂されており、澁澤氏の好奇心の幅の広さ・奥の深さが伺えます。澁澤龍彦というひとりの人物を通して美術に触れてみれば、既存のシュルレアリスムの枠を超えた新たな発見にきっと出会えるはず。
今回は主に絵画にフォーカスしてご紹介しましたが、まだまだシュルレアリスムの世界は広大です。人物、作品、時代、国、手法、のちの広告業界へ与えた影響など、知り尽くすにはだいぶ時間が必要ですね。また機会をみつけてまとめてみたいと思います。

ふー、若干胃もたれがしてまいりましたので、今日はこれにて。

今夜はおかしな夢を見られそうです。 こちらのコンテンツもおすすめです。

日本の現代アート 1960年〜1990年代編
特集コンテンツ
日本の現代アート 1960年〜1990年代編
伝統と前衛が入り交じり、社会や既存の美術的概念に対する批判または実験的精神に満ちた1960年〜1990年代における日本のアートは、非常に強いインパクトと魅力を放ちます。
日本の現代アート 2000年代編
特集コンテンツ
日本の現代アート 2000年代編
グッと身近な存在になりつつある現代アート。前回の「日本の現代アート 1960年〜1990年代編」に続き、今回は2000年代編として、現在進行形で活動する作家たちの作品集や著作を特集します。
芸術家のアタマの中。エッセイや評論集から知る人生観や仕事術
スタッフ日記 | おすすめ書籍
芸術家のアタマの中。エッセイや評論集から知る人生観や仕事術
芸術家の頭の中って気になりませんか?人生、社会、芸術に対する独自の見方を知る3冊をご紹介します。
 華やかなポップアートの時代。ウォーホル、ジョーンズ、ホックニーたちが挑んだ芸術表現
スタッフ日記 | おすすめ書籍
華やかなポップアートの時代。ウォーホル、ジョーンズ、ホックニーたちが挑んだ芸術表現
見たことはあるけれど、芸術運動としてはよくご存じない方も多いのでは?改めて代表作品を振り返ってみます。
石井
ノストスブックス店長。古本の仕入れ、デザイン、コーディング、コラージュ、看板犬のお世話など、裏側でいろいろやるひと。体力がない。最近はキュー◯ーコーワゴールドによって生かされている。ヒップホップ、電子音楽、SF映画、杉浦康平のデザイン、モダニズム建築、歌川国芳の絵など、古さと新しさが混ざりあったものが好き。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマークに追加

この記事をシェアする

ニュースレターご登録はこちら
最新の入荷情報や展示イベント、おトクなキャンペーンなどをニュースレターでいち早くお届けします。詳しくはこちら

送信内容を確認後、チェックを入れてください

お支払い方法について

  1. クレジットカード決済

    VISA、MasterCard、JCB、Amex、Dinersがご利用いただけます。分割払いも可能です。
  2. コンビニ決済

    ご注文後、発行される払込番号をコンビニにお持ちいただきお支払いください。手数料は無料です。
  3. 後払い決済

    お支払前に商品を発送いたします。別送の請求書をお近くのコンビニ・郵便局・銀行にお持ちいただき、お支払いください。手数料として別途250円を頂戴いたします。
  4. 代金引換決済(着払い)

    到着時にドライバーに現金でお支払いください。手数料として別途350円を頂戴いたします。
  5. その他、銀行振込、Paypal決済もご利用いただけます。
    詳しくはこちら

送料・配送について

  • ・日本郵便ゆうパックにてお送りいたします。
  • ・送料は全国一律500円。
  • ・お買い上げ商品代金の合計が10,000円以上で送料無料。

お届け日の目安

営業日の正午12時までに確定したご注文につきましては当日中にご注文商品を出荷させていただきます。

なお、到着ご希望日が数日先に設定されている場合、ご注文の確定(ご入金の確認)がなされていない場合、またご注文内容について何らかの確認をさせていただく必要がある場合などは、上記の出荷に関するお約束に適用されませんのでご理解の程お願い申し上げます。何らかの理由で発送が遅れる場合はその旨ご連絡いたします。

返品・返金について

当店で取り扱うすべての商品で返品・返金に対応させていただきますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。返品をご希望の場合には、商品到着後7日以内に当店宛てにご連絡ください。
詳しくはこちら

送料・配送について

info@nostos.jp
03-5799-7982

公式SNS

運営会社

株式会社NEU(ノイ)
東京都公安委員会許可 第303251508268号
© nostos books All Rights Reserved.